p4cによる考える力の育成

全校p4c(子供の哲学)による考える力,発信する力の育成

 本校では,宮城教育大学上廣倫理アカデミー及び白石市教育委員会の指導・助言により,全校p4cを行っています。

 小原学園では,p4cを様々な場面で取り入れています。

朝p4c

朝の会の前に15分間,毎週金曜日にp4cの時間を設定しています。なるべく簡単な話題で,多くの生徒が気軽に話せるようになることを目的としています。みんなで円座になる時間を設け,p4cに慣れることで,より安心してp4cに参加させたいと考えています。

道徳

生徒にとって,自分や自分たちの考えが広がったり深まったりすることは,人として成長するために大切であると感じています。本校では,全校でp4cを取り入れた道徳の授業を行うことがあります。同年齢の友達だけでなく,年齢の異なる先輩・後輩と話をすることで,自分の考えを広げたり深めたりさせ,より深い学びにつなげたいと考えています。自分の考えで止まるのではなく,多様な価値観に気付かせることを目的としています。

教科の授業

社会科の授業の中で「中学生議会に係る市議訪問」という時間がありました。「より良い白石市にするには」という題でp4cを行い,白石市の市議会議員の皆様にもp4cに参加していただきました。コミュニティボール(※)をまわしながら,様々なアイディアを,市議会議員の皆様と一緒に考えました。

※コミュニティボール:毛糸でできたボールです。このボールを持っている人のみ,話すことができます。

s-IMG_2280.jpg s-IMG_3762.jpg s-IMG_2291.jpg

 

 

 

作成日
2020/05/25 15:35
最終更新日
2020/05/25 15:36