ホーム > 学校の概要
IMG_7700.jpg

【学校の概要】

【小原地域】

 学区は,豊かな自然に恵まれ,材木岩という景勝地や小原温泉等の観光施設を抱えている。しかし中山間地ということもあり,人口の減少と少子高齢化が進んでいる。地域住民には,純朴な人が多く,人と人との繋がりを大切にしていこうとする美風がある。

 学校には,地区民あげてご支援・ご協力をいただいている。特に,地区民体育祭,地区民文化祭では,学校を会場に多くの地区民が集い,地区民と子供たちが共に行事を楽しんでいる。

IMG_1517.jpg

【児童・生徒】

 児童・生徒は,豊かな自然・純朴な地域の人々に育まれ,人や社会に対する根本的な信頼感をもち,人の話を真摯に受け止め,何事にもまじめに取り組もうとする姿勢が見られる。現在の地域の状況により,人間関係が限られるという現実等もあり,多様な方法での学び方,自ら人と豊かに関わっていく力の育成が必要である。少ない関係性の中ではあるが,児童・生徒が互いに切磋琢磨し向上しようとする態度,進んで人や物事に関わっていこうとする態度,自らの課題・目標に向かって努力し,粘り強く取り組んでいこうとする態度,そして何より自分の考えをもち自分の言葉等で的確に発信する「自己表現力」などを発達段階に応じて育成していくことが小原小・中学校の教育課題となっている。

s-IMG_0771.jpg

【小規模特認校】

 平成20年度より,小原小・中学校は,白石市教育委員会より「白石市立学校小規模特認校」の指定を受けてきた。平成24年度には,小規模特認校としての「自主公開」を行い,市内外の教職や市内の保護者,あわせて120名以上の参加者を迎え,その周知を図った。今後とも広い範囲での周知と体験的入学等への積極的参加を呼びかけ,「小規模特認校」としての責務を果たしていくことと,最大の理解者・支援者である地域の協力を具体的にどのように得て,形として表していくかが,小中一貫的教育を推進していく学校の課題となっている。