小原学園について

 小原学園では,小規模校,小中一貫校のメリットを生かし,全教育活動を通してきめ細かな個別指導と,豊かな体験活動により,子供一人一人の「自己実現」を図り,「これからの社会をたくましく生き抜く力」を育成します。


Q1.児童・生徒にどのような力をつけますか?

【徳】:かかわる力

    全校学習により,「豊かな人間性」「豊かな社会性」「豊かな情操」を育みます。

 ・全校p4c(探究の対話),全校音楽・図工・美術(地域の芸術家との連携)

 ・地域と一体となった行事(地区民体育祭,文化祭等),小学生と中学生がともに学び合う活動

【体】:やり抜く力

  家庭・地域との密接な連携により,「基本的な生活習慣」と「最後までやり抜く力」を培います。 

 ・「弓道」,「スキー」,「水泳」の授業,小学生の部活動の体験入部

【知】:学ぶ力

  個に応じたきめ細かな指導により,「知識・技能」,「思考力・判断力・表現力」を培います。

 ・タブレットPC,一人一台環境による個別学習,中学校教員の小学校乗り入れによる専門的指導

  小原の環境を生かした持続可能な教育活動(ESD),遠隔合同授業による学習意欲の向上



 

Q2.具体的には、どのような教育活動を行いますか?

【きめ細かな指導と個別学習による学力向上】

・少人数指導によるきめ細かな指導を行います。

・中学校教員の小学校への乗り入れ授業により,複式学級を解消するとともに,より専門的な学習を行います。

・タブレットPC一人一台環境の実現により,徹底した個別学習を行います。ネットワーク上にある教材の活用により,学校でも家 庭でも,いつでもどこでも学習できる環境を整えます。自分の実力を知り,自分に必要なものを自分の力で学ぶ力を培います。

【地域の環境,歴史・文化を生かした教育活動】

・地域の自然環境,歴史・文化,人材を生かした教育活動を行います。具体的には,「小原科」を参照してください。

【地域と一体となった教育活動】

・本校の教育活動は,小原地区のみなさんのお力により進められています。そのような地区の方々と協働で行う活動です。主に地区民運動会,地区民体育祭,観光地等の清掃活動,地区民文化祭を実施いたします。このような活動により,多世代の人々と関わる力を培うとともに,地域の一員として,地域の担い手としての心情を培います。


 

Q3.特別な教科「小原科」とはどのような教科ですか?

 子供たちの郷土である「白石」及び「小原」の伝統・文化・環境・自然・人材を生かした教育活動です。

①地域の特色を生かした学習

 〇「小原の環境」を学ぶ

 ・生活科や社会科等の地域を学ぶものや,地域の環境に学ぶものです。特に小5~7年生(中1)が合同で地域の山,川等を学び,地域の自然のすばらしさを感じ,郷土を愛する気持ちを培います。

 〇「白石・小原の伝統・文化」を学ぶ(弓道,白石和紙,太鼓等)

 ・小原の伝統行事「小原百矢納め」にまつわり,保存会の方々の指導により体育の武道の時間で「弓道」を学びます。地域に継承している文化に触れ,その良さを感じるとともに,精神の修養を養います。

 ・昭和世代まで地域で継承していた「白石和紙」について学ぶとともに,自ら和紙をすき,卒業証書を作ります。また和紙を使った工作も行います。

 ・これまで9年継続して行ってきた「小原流屋台囃子太鼓」を中学生全員で演奏します。聴く人の心を揺さぶる演奏を行います。

 〇地域の「人材」に学ぶもの(全校美術・図工,全校音楽等)

 ・地域にいらっしゃる芸術家の方々からの指導を受けながら,全校で作品を作ります。

②地域と共に活動する学習

 〇地区民体育祭

 ・小学校の運動会,中学校の体育祭,地域体育祭を融合したものです。地区民が一同に会し,運動に親しみます。

 〇地区民文化祭

 ・小学校の学芸会,中学校の文化祭,地域文化祭を融合したものです。劇,合奏,合唱,絵画,工作等,日ごろの学習の成果を披露しあいます。

 〇観光地等の清掃活動等

 ・スパッシュランド・パーク清掃,材木岩清掃等,小原地区の観光地を地域の方々と共に清掃します。

作成日
2019/12/09 16:34
最終更新日
2019/12/09 16:34