ホーム > 学力向上策 > 学力向上策(中学校編)

【学力向上策】(中学校編)

小原中学力向上策.JPG

 

IMG_7757.jpeg

 

s-IMG_6856.jpg

【本校の学力向上策】中学校編

「子ども」

【志教育の充実】
○将来の夢(就きたい職業,理想の人間像,身に付けたい力など)を明確に持たせ,その夢の実現に向かって「今,自分が何をすべきか」を考えさせることで,夢に向かって努力する子どもを育みます。
【心の教育の充実】
○課題に対し,自分の力で最後まで粘り強く取り組む子どもを育みます。
○周りの人とよりよい関係を築く大切さに気付かせ,大きな声で元気よく返事や挨拶ができる子どもを育みます。
○全校p4cを中心とした全教育活動を通して,自他の存在や良さを認め合い,仲間とよりよい関わりが持てる子どもを育みます。

「学 校」

【質の高い授業・学びを実感できる授業】
○子どもたち全員が質の高い授業を受けられるように,全教員が「小原小スタイル」の授業実践に取り組みます。

  「小原スタイル」
  ①授業のはじめに「授業のねらい」を提示し,全員で確認することで「何を学ぶか」を子どもに理解させます。
  ②自分の考えをノートに書く活動,考えを友達に伝える活動,互いの考えを深め会う活動に取り組ませます。
  ③授業のおわりに学習の振り返りをさせることで,「何を学んだか」を実感させます。
【学力向上に向けた授業改善】
○学力・学習状況調査の分析や日常の姿から分かった「小原中の子どもたちの課題」の解決に向けた授業改善に全教科で取り組みます。
(1)基礎・基本の定着に向けて
 ・ICT等の機器等の活用により,知識の定着を図ります。
  ・各教科毎,予習・復習の質を高める手立てをとります。
 ・自主学習用「学習プリント」を用意し,自分のペースで取り組ませます。
(2)思考力・判断力・表現力の育成に向けて
 ・資料を読み取り,資料を生かす手立てをとります。
 ・自分の考えをしっかりまとめる時間をとります。
 ・自分の考えを文章,式,図,絵等,様々な方法で表現する時間をとります。
 ・他校との交流等,体験したこと,学んだこと,考えたことを,他の人に説明する機会を多くとります。
 ・ICT等の機器を活用し,プレゼンテーションする機会を多くとります。
【放課後学習】
○基礎・基本の定着,思考力・表現力の向上を図るため,毎週月曜日のノー部活デーに放課後学習を実施します。最後まであきらめずに問題に取り組む心情を育てます。
【自主学習の充実】
○これまで毎日行ってきた「小原式自主学習ノート」の質と量を改善します。また,良い取組は朝会や掲示等で積極的に紹介します。

「家 庭」

【【生活・学習カード】
○1週間の学習計画をたてるとともに,毎日の学習時間を決めて学習を行うことで,家庭学習の習慣化と質の向上を図ります。同時に,一日の生活習慣を確立します。
  項目:早寝,早起き,朝ご飯  家族読書  ノーテレビノーゲーム  学習時間
【様々な体験活動の充実】
○自然体験や社会体験,芸術鑑賞(博物館,美術館)など,子どもが興味あることに挑戦できる機会を増やし,見聞を広めます。
○将来の夢や目標等,将来について語り合う時間を作ります。